中肉中背の大学生の私生活


by dokidokiosamu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

僕とDAVID MANCUSO

3.28wedに,大魔王とPartyに行ってきました.
場所は,今年Precious Hallが新しくOpenさせた
Fillmore North.
そして,DJはDAVID MANCUSO!!!!!

以前僕は,友人のkawakami君にMANCUSOについて,

「あいつは,すげーよ.70年から現在にいたるまで、プライヴェート・パーティをニューヨークの自宅アパートにて開いて,今日のアンダーグラウンド・パーティの礎を築いた偉大なる始祖って言われてんだぜ.しかも,イコライジングやミックスを一切施さないDJで,オーダーメイドのサウンドシステムにより,レコードに収録されている原音の究極的な再生を追求してるんだぜ.アフリカ/ラテン/レゲエ/ソウル/R&B/ファンク/ロックなど,カテゴリーに一切捕われない広範な選曲でロマンティシズムに彩られた壮大な“絵物語"を描写し続けたんだ.」

と聞いていたので,とにかくメチャメチャ楽しみでした.


~当日~
24で大魔王を拾い,いざPartへ!!
と行きたかったのだが,住所が書いてある紙を失くしてしまい,
おおよその場所しかわからないまま,車で探索.
見つからない.
そこで,とりあえず車をParkingに駐車して,歩いて探すことに.
見つからない.
ローソンの前で,どうしようか考えていたら,Parkingに車を停めている,
20代後半~30代後半のParty Peopleらしき,人達を発見.
黙って後をつけてみると,近くの建物に入っていく.
僕たちも入ってみると,Preciousの入り口にいつもいる,おじさんが出現!!
F.N.だ!!ということで,なんとか到着.

F.N.は,1FとB1Fの2層構造で,1Fは大きなカウンターと,テーブルと椅子がある,
天井が高い,広々とした空間で,オサレなBarみたいな感じ.
小さなDJブースもある.そしてB1Fは,DJブースとダンスフロア.お酒が買える小さなカウンターもある. そんな感じ.

僕と大魔王は,1Fで杯を交わしながら(僕はペプシコーラ),将来について語り合い,
いざB1Fへ!!

B1Fは,既にほぼ満員状態で,甘くてオサレmusicが.
DJブースの前にスペースを見つけたので,行ってみると
いました!!大柄なおじいさんが.

僕は,まずMANCUSOさんが使用しているターンテーブルを見て驚きました.
僕の行ったことのあるparyでは,全てのDJがTechnicsのSL1200シリーズを使用していたのに,
MANCUSOさんは,木製の巨大な,明らかにアンティークなターンテーブルを使用していました.もちろん,ピッチコントローラもついていませんでした.ミキサーも,ロータリフェーダーが1つ?ある,入力先を切り替えるだけの超シンプルなもの.
さすが,原音の究極的な再生を追求するMANCUSOさん!!さぞかし,高価な名機なんだろうなーと思いました.

そして,彼のプレイスタイルに驚き感動しました.
彼はレコードをターンテーブルに乗せると,針を落とす前に毎回必ず,レコードクリーナーでレコードを,カートリッジクリーナーで針を拭いていました.
さすが,原音の究極的な再生を追求するMANCUSOさん!!

今回のPartyでは,kawakamiさんが言っていたとおり,いろいろなジャンルの曲がかかりました.歌物が多かったです.
かかる曲は,どれもこれもオサレでカッコよくて,
さすが,MANCUSOさんって感じでした.
[PR]
by dokidokiosamu | 2007-04-04 12:16 | MUSIC

悲しいこと...

今日,大好きな2人が別れたことを知りました.
kokubunさん と aikoさん
2人共,私が大好きで,尊敬してやまない人だけに,とても悲しいです.

P.S.
堤下さん頑張れ!!
[PR]
by dokidokiosamu | 2007-04-03 23:31 | 日常